症状別アプローチ

HOME > 症状別アプローチ > 不眠

症状別アプローチ : 不眠

不眠

症状の概要

不眠症は寝つきの悪さや寝たいのに目がさめるなど、睡眠不良が続くと疲れが回復せず様々な体調不良を引き起こします。

症状が起こるメカニズム

環境の変化や身体的、精神的、生活習慣など乱れたり疲れたりすると、自律神経の切り替えに影響し不眠の原因になります。その他にも、枕が合わない、姿勢の歪みや強ばりを残したまま寝ることも不眠の原因になりやすいです。

解消するための手法

不眠症には下記の方法などが有効です。

  • 睡眠時間を一定にする
  • 寝具の見直し
  • 室内の温度湿度を心地よくする
  • 照明をリラックスできるような明るさにする
  • 睡眠前にはスマホ、テレビ、飲食、飲酒、運動を行わない
  • 香りやゆるやかな音楽などでリラックスさせる
  • 温かい飲み物を取る
  • 日中に運動習慣やストレッチなど取り入れる

ページトップへ