症状別アプローチ

HOME > 症状別アプローチ > 倦怠感

症状別アプローチ : 倦怠感

倦怠感

症状の概要

倦怠感には肉体的なものと精神的なものがあり、いわゆる疲れ・だるさと言われるものです。

症状が起こるメカニズム

肉体的には運動や働きすぎからくるものが多く、精神的にはストレスなどが関係することが多いです。

解消するための手法

どちらにしても倦怠感とは身体に疲れが溜まっていますよ。というサインなのでしっかりと休みを取ることが重要です。
それでも抜けない場合は内科的疾患や精神的疾患なども関わってくる事もあるので半年以上続く疲れの場合は一度病院を受診することをお勧めします。
疲れの回復の手段として、
肉体的な場合は温泉に入る。ストレッチをする。マッサージを受ける。などが有効です。
精神的な場合は、音楽や香り、映画、動物園など自分の好きな事を楽しんだり、ウォーキングやスポーツなど軽い運動をするのが有効です。
どちらにも必要なのはぐっすり寝る事、栄養を取ることなどがあげられます。
肩こりの人は自律神経が乱れやすく、倦怠感を伴う人も多く、コリをしっかり解消させることも有効な手段です。

ページトップへ