症状別アプローチ

HOME > 症状別アプローチ > 腰痛

症状別アプローチ : 腰痛

腰痛

症状の概要

腰痛とは、5つで構成される腰の骨への負担や障害で起こる痛みです。

症状が起こるメカニズム

負担や障害を引き起こす原因は様々ですが、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、内科的疾患(消化器系・泌尿器系・婦人科系・循環器)が引き起こす腰痛などがあります。
原因が特定できていない腰痛も多く、特定できない場合には生活習慣や座りっぱなし、立ちっぱなし等の普段の姿勢からくる凝り、身体の冷えからくる凝り、寝具からの負担、肥満からくる腰への負担、運動不足からくる筋肉の強ばりなどが考えられます。また精神的な影響としてストレスや睡眠不足なども考えられます。

解消するための手法

原因が判る症状は専門の病院にて受診をお勧めします。
原因の特定ができない場合の解消手段としては下記の方法が有効です。

  • 腰や足の筋肉が強張っていることが多いので休憩やストレッチ
  • お風呂にいつもより長めに入り身体を温める
  • マッサージなどでコリをほぐしてもらう
  • 寝具の見直し

ページトップへ